このページの先頭です

チェックしてみよう!薄毛になりやすい女性の特徴まとめ

42views

投稿日:

当てはまったら要注意!薄毛になりやすい女性の特徴

日にちを置かずにヘアカラー、パーマをすることが多い

薄毛になりやすい女性の特徴として多いのが、高頻度でヘアカラーやパーマをするということです。美容室でどんなに丁寧にヘアカラーやパーマをしてもらっても、元々頭皮が敏感な女性の場合、頭皮が炎症して抜け毛が増えて分け目が目立つなどの薄毛になりやすいのです。

セルフで市販のヘアカラーやパーマ剤で毛染めなど行っている女性ならば尚更、成分の強い薬品が原因となり頭皮環境が悪化しやすくなっているでしょう。

洗い流さないトリートメントやヘアワックスをよく使う

パサついて乾燥している髪を労わるために洗い流さないヘアトリートメントを使っている、またはヘアアレンジにワックスやケープ、スプレーを使っている女性も、それが薄毛の原因になっている可能性があります。

洗い流さないヘアトリートメントもワックスなどの整髪剤も、頭皮の毛穴に詰まればそれが抜け毛を増長させることになるのです。シャンプーで髪を洗った後でもなんだか頭皮がごわついている気がする、そう感じる女性は要注意です。

冷え症で肩や首のあたりの筋肉がコリやすい

冷え症で肩や首のあたりがコリやすい女性の場合、それが原因で抜け毛が増え薄毛となっていることがあります。頭皮にも当然、血管が通っていますが、冷えにより血流が悪くなると頭皮へうまく栄養や血液、酸素が運ばれません。

頭だけをマッサージしても抜け毛が止まらないのは、頭につながる肩や首の血流が滞っているせいです。「頭皮マッサージしているのに薄毛が改善されない」と悩んでいる女性は、肩や首の筋肉のコリも疑ってみましょう。

ピルを飲んでいたけど服用をやめた

生理不順の改善のためにピルを飲んでいたけれど最近服用をやめたという女性も、そのピルの服用が原因で抜け毛、薄毛になっている可能性があります。ピルを飲んでいる間は、女性ホルモンのバランスが保たれており、その効果により排卵を抑えることができます。

しかしピルの服用をやめるとホルモンバランスが崩れやすくなることで、一気に多量の抜け毛が出てしまうなど、薄毛の症状が出ることもあるのです。ピルの服用をやめた女性は、最近やけに抜け毛が増えたと感じたら、ホルモンバランスの乱れを疑いましょう。

ダイエットで肉などたんぱく質を控えている

肉や白米を長期間食べない、または極度に控えているなどの無茶なダイエットをしている女性は、栄養不足により抜け毛が増え、髪の分け目が薄くなるなどの薄毛になっていると考えられます。

髪の毛を増やすために必要なのはたんぱく質、これは生命維持にも絶対必要不可欠な栄養素で、たんぱく質が不足した体は「少ないたんぱく質は血液や臓器、細胞へ最優先に使用しなければならない、爪や髪は後回しでいい」と、優先順位の低いところのたんぱく質量を減らしてしまいます。

たんぱく質が不足している状態では、いくら効果の高い育毛剤を使用しても、どんな抜け毛対策をしても、改善する可能性はかなり低いといえます。

薄毛になりやすい女性がするべき対策方法

すすぎもしっかり行う

薄毛になりやすい女性は、シャンプーやリンス、トリートメントには時間をかけるのに、それをすすぐことは適当という場合が多いのです。抜け毛、薄毛対策をしたいと思うのであればまずはしっかりすすぎを行うこと、これで頭皮にシャンプーの泡が残っていることが原因で、抜け毛が増えるという事態も防げるでしょう。

ただし、敏感な荒れやすい頭皮をしていたり、頭皮ニキビのできている女性、髪の分け目が抜け毛により目立っている女性は、頭皮が傷つく恐れがあるので過度のすすぎに注意してください。オイリーでなかなかヘアワックスが落とせない女性は、美容室のヘッドスパなどで毛穴詰まりを改善しましょう。

頭皮や髪に合う育毛剤でケアする

市販の育毛剤で抜け毛や薄毛対策をしたいなら、自分の頭皮の状態に合う物を使用することが重要です。オイリー頭皮の女性が保湿性の高い育毛剤を使用すると毛穴詰まりが酷くなったり、乾燥頭皮の人がオイリー頭皮用を使うと乾燥が悪化します。また、女性と男性では薄毛の原因も違いますから、必ず女性用の育毛剤を使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です