このページの先頭です

一般的な病院で治療・対処が難しい女性の薄毛の種類と原因

120views

投稿日:

女性特有の代表的な薄毛の種類

びまん性脱毛症

女性特有の薄毛や抜け毛の症状で最も多いのが、びまん性脱毛症です。びまん性とは、特定の部位に限らず広範囲に症状が広がる状態のことを指す言葉で、その名の通り、脱毛症が頭部を中心に様々な部位で現れます。特に、30代後半という若い時期から多く見られる症状で、その原因も様々です。

一般的な診療科では単なる加齢による薄毛症状と診断されるケースが多いため、より専門的な診療科での受診が欠かせません。また、髪が細く薄くなるのもこの症状の特徴の1つで、最近髪が細くなったと実感しはじめた方ほど要注意です。

脂漏性脱毛症

食生活の変化や不規則な生活により、これまで女性特有の薄毛抜け毛の原因としてはあまり多くないと言われてきた脂漏性脱毛症が、近年急増しています。

脂漏性脱毛症とは、体内から分泌される皮脂などの脂質が頭部を中心とした部位に堆積し、それが原因で健全な育毛が行われず、また現在生えている毛髪への栄養供給が滞り抜け落ちてしまう症状のこと。脂漏性脱毛症は、年代による発症に大差があまりない点が特徴で、中には10代後半や20代でも見られます。

分娩後脱毛症

妊婦の方が出産を終えた後に薄毛や抜け毛などの症状に悩みがちですが、それらを総称して分娩後脱毛症といい、現在では皮膚科などを中心に治療対象と見なされている症状です。出産後、髪が抜けてしまったり生え際などの分け目が薄く感じられたりなど症状も様々ですが、極短期間に症状が限られており、専門医による適切な治療で改善が見込めます。

粃糠性脱毛症

環境などを問わず、日常生活を通じてフケが頭部に発生しやすい方に見られる脱毛症がこちら。粃糠性脱毛症の最大の特徴が、フケが多量に発生する際に薄毛や抜け毛などの症状が起きやすい点で、その原因も実に様々なものが挙げられます。特にライフスタイルに大きく影響を受けやすい脱毛症の1つで、体質や年代を問わず幅広く見られる症状と言われています。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、特に髪が長い女性に多く見られる脱毛症です。長い髪はその分だけ短い髪型よりも重く、下に引っ張られるため頭皮に負担がかかり、薄毛や抜け毛の原因となります。中でも、ポニーテールなど髪を1つに束ねて流す髪型や、髪を上に持ち上げてアレンジするアップスタイルの髪型で多く見られる症状です。

薄毛症状の原因

男性型脱毛症と区分されるように、女性特有の脱毛症には特有の原因が存在しており、薄毛症状を改善するためには、この原因を特定した上で改善法や対策を実践するのが大切です。

女性特有の脱毛症の原因は大きく分けて3つあり、1つは体質によるもの。代表的な症状としては、ホルモンバランスの変化によって起こりやすいびまん性脱毛症、分娩後に体質が大きく変化して起こる分娩後脱毛症などが挙げられます。

2つ目の原因が生活リズムとスタイルで、代表的な症状として、食生活の欧米化など肉食など偏食によって脂質が多くなることで起きる脂漏性脱毛症や、頭皮の洗いすぎや市販のシャンプーや育毛剤の間違った使い方で起こる粃糠性脱毛症が挙げられます。

3つ目の原因が頭皮に強い刺激やダメージを与えるもので、髪型を作るため髪を引っ張ることにより頭皮に強いダメージを継続して与えることで起こる牽引性脱毛症がこれに当たります。いずれの脱毛症も、その原因を的確に判断した上で市販の育毛剤や診療科で処方された育毛剤などを上手に利用することで症状の改善や予防が図れます。

また、特に分け目部分の薄毛が目立っている場合は、分け目の位置を変えたり適切な対応を行うことで症状の改善が期待できます。このように、脱毛症状ごとの原因をしっかりと確認した上で適切な対応を行うよう心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください