このページの先頭です

男性薄毛とは違う?女性が薄毛になってしまう原因まとめ

137views

投稿日:

さまざまな原因で発症する女性の抜け毛と薄毛の症状

男性と女性の薄毛の違いについて

薄毛は男性だけではなく、女性でも若いうちから悩まされる問題です。しかし、その原因には大きな違いがあります。まず男性の場合には、AGAと呼ばれる生え際の後退や頭頂部から薄毛になる特徴的な抜け毛の症状が現れることがほとんどです。

男性ホルモンであるテストステロンがリダクターゼという還元酵素と結びつくことで、抜け毛を発生させるホルモンへと変化して薄毛が進行していきます。

男性ホルモンよりも女性ホルモンが優勢な女性の場合には影響が少なくなるため、こういった症状が出て生え際や頭頂部がツルツルになってしまうようなことはありません。女性の薄毛は、生活習慣やホルモンバランスの変化によって起こるものが主になります。

  • 加齢やストレスによるエストロゲンの分泌量の減少
  • 不健康な生活習慣
  • 出産など

原因を把握して対策を行っていけば、再び新たな髪の毛が生えて症状が改善していきやすいのが特徴です。ただし、さまざまな原因が重なって発症することが多いため、育毛のためには身体の内側と外側からのトータルケアを考えていかなければなりません。

女性ホルモンの分泌と薄毛の関係

女性ホルモンのエストロゲンには、健康な髪の毛を育ててハリとツヤを保つ働きがあります。しかし、40歳前後を境にして分泌量が低下してしまい、それによって髪が細く抜けやすい状態になり、分け目が目立ち始めて全体がボリュームダウンしてしまうのです。また、エストロゲンの分泌量はストレスや生活習慣の乱れでも減少してしまいますので、ホルモンバランスの崩れは若い女性も他人事ではありません。

薄毛を進行させる生活習慣

  • 過激なダイエットによる極端な栄養不足
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • お酒やタバコ

不健康な生活習慣は薄毛の大きな原因の1つです。血行不良やホルモンバランスの悪化により頭皮環境が悪化し、髪の毛が育ちにくい状態になることで薄毛が進行していきます。過激なダイエットで食事制限すれば、当然毛根は充分な栄養を確保できません。ファストフードやインスタント食品ばかり食べていれば、脂質や糖質過多で皮脂分泌が過剰になるなど頭皮が汚れやすくなります。

睡眠不足になると髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌が乏しくなりますし、運動不足は代謝を衰えさせてやはり髪の毛が育ちにくくなるのです。それに加えてお酒やタバコを摂取すると、活性酸素が発生し、血流の悪化や健康な髪の毛を作る亜鉛を大量消費してしまうなど、発毛に悪い影響が出てしまいます。

妊娠出産によるホルモンバランスの変化

出産直後、妊娠中分泌量が増えていた女性ホルモンが減っていくことで薄毛に悩まされることも珍しくありません。急に抜け毛が増えて目に見えて頭髪の状態が寂しくなると動揺してしまいますし、見た目に気を使っている女性にとっては大きなストレスになってしまいます。

ただし、出産後も全く頭髪に変化がない女性は少なくありませんし、症状には個人差があります。また、一時的なものでホルモンバランスが正常化すれば抜け毛も減り、新たな髪の毛が生えてきますので、それほど気にすることはありません。

女性が薄毛改善に行っていきたい対策

健康的な生活習慣を意識していく

ホルモンバランスの崩れや栄養不足など、薄毛の大きな原因は生活習慣が関係しています。必要な栄養を摂取して充分な睡眠を取ること、お酒やタバコは控えて日常的な運動を取り入れていくことで身体の内側が健康に整えられていき、髪の毛も丈夫で抜けにくいものに変化していきます。すぐにでも改善していくのが賢明です。

早期から育毛剤を使い始める

分け目が気になり始めた、何となく髪の毛に元気がない、そうした症状に気が付いた段階ですぐに育毛剤を使用していくのがおすすめです。生活習慣の改善で内側からケアし、外側からは育毛剤でアプローチすることで効率よく薄毛を解消していけます。

ただし、育毛剤は一朝一夕で効果が出るわけではなく、長期間使用し続けていかなければなりません。市販されている女性用育毛剤から成分をチェックし、使い心地がいいと感じるものを選んで取り入れていくようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください